<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 3回目♪ | main | 花粉飛びすぎだってば大会@キソ >>
変性性脊髄症

去年りゅうくんが歩行の際ちょっとあんよがもつれることがありました。
最初は年齢からくるものかな?と思っていましたが
もしかして・・・と思うことがありました。

2月 いつもじゃすがお世話になっているC病院で診ていただきました。
レントゲンと歩様を見て「変性性脊髄症が疑われますね・・・」
と言われました。

頭の中で予測はしていたものの正直ショックでした。

変性性脊髄症(DM=Degenerative Myelopathy)とは
遺伝性疾患の病気です。
コーギーの場合10歳前後から症状が出始めます。
後肢麻痺から始まり、3年ほどかけて上半身の機能も低下しやがて
呼吸障害、呼吸不全を起こして亡くなる恐ろしい病気です。
この病気に関してはまだ原因が解明されていません。
またヘルニアと症状がよく似ていることも特徴のようです
実際、「ヘルニア」と診断されつつも違っていた、というコを何頭か知っています。
人では筋萎縮性側索硬化症(ALS)と似た病気だと考えられています。

ちょうど今テレビドラマの再放送で「1リットルの涙」が再放送しているのだけど
ここでの病は下半身から徐々に病状が進行していきます。
犬では小脳の異常はないですので、人の脊髄小脳変性症とは若干異なりますが
いずれの病気も「変性」によって生じる病気ですので、進行は似ているようです。

  
院長先生はすぐに岐阜大学を紹介してくださいました。
この病気に力を入れていることは話に聞いたことがあったので
すぐに予約を取り伺いました。

今回はりゅうくんが主での検査でしたが
ほかの3コギも診察してくださるとのことでしたのでお願いしました。
タイミングがいいのか悪いのか、DMの遺伝子検査ができるようになったとのこと。
りゅうくんはMRI、CT、血液、遺伝子検査のフルコース。
診てくださったのはこの病気に関して第一人者ある神志那先生です。
まず検査結果を見て神志那先生の一言目は
「想定外の結果でした」

DMの症状であろうと思っていたのがヘルニアが見つかった、ということです。
つまりりゅうくんの今の症状はヘルニアによるものなのか、
仮にDMの遺伝子を持っていたとしてもそれによるものなのかわからないのです。
聞くところによると今のコーギーはほとんどDMの遺伝子を持っている
と言われているそうです。
ただ遺伝子を持っているからといって発症するとは限らない
発症してもヘルニアと併発していればどちらが症状を出しているのかわからない、
非常にやっかいな病気です。
当然、ヘルニアとDMでは治療方法が違ってくるので。

りゅうくんの場合ヘルニアが症状を出している可能性が高いこと、
DMでの症状だったとしても今回見つかったヘルニアを治療することで
若干DMの症状を抑えられるかもしれないということで手術を行いました。
りゅうくん、がんばったんだよ。

で、遺伝子検査なのですが@結果は1ヶ月後でした

りゅうくん陽性でした。
ぼのくん、あるくんはキャリア※でした(ほぼ発症しない)。
ぼのくんはりゅうくんの直子ですが結果から
おかあさんのクリームちゃんはクリアもしくはキャリアであることがわかります。
ミクは陽性でした。
PWCCJ(ペンブローク ウェルシュ コーギー クラブ オブ ジャパン)
 DMのDNA検査についてを参照ください

りゅうくんは今のところじゃすのときに考えていたリハビリ施設
ヘルニア手術後のリハビリを行っています。
病気になんか負けてたまるかっつーんだ。
筋肉もバランス悪くなっているのでパパがカートを作ってくれています。
ミクは今のところはDMの症状は出ていませんが(発症もしてほしくないし)
りゅうくんと一緒に岐阜大学へお世話になります。
今はDMだったとしての治療というのはまだ行っていません。
効果的な治療法が見つかっていない難病なのです。
それに断定できないので治療しようがないというか。

とはいえ何もしないわけにはいかんですよ。
お薬やリハビリで症状を遅らせることも可能なのです。
だって、呼吸不全で苦しむことになるのは本人もあたしたちも辛いもの。
普段はヨシコチャーン@母が車で芝生のある公園まで連れていって
お散歩してくれてます。
どんな病気でもそうですがストレスが一番症状を悪化させると思うの。
以前のようになかなか自由には動けませんがお外の空気を吸うこと
お散歩することあたしたちが元気でいることは何よりのお薬!


コーギーの遺伝子検査についてですが
岐阜大学へご連絡していただければ行っていただけます。
ただし、この検査は治療ではなくあくまで研究の一貫であるということを
ご了承ください、とのことでした。
(この件は神志那先生に了解を得て書かせていただいています)


今回のりゅうくんについて、記事にすべきか悩みましたが
コーギーにこの病気が大変多いこと、
これから万が一発症した場合に、またこの病気を知っておくことで
ひょっとしたら何か少しでもお役に立てるかもと思い書きました。
(うちってこんなのばっかりー。こんな宿命いらねーよーもー。)
じゃす、るいるい、りゅうくんと3本立てなので
なかなか細かくUPできないかもしれませんが
なるべく情報UPできるようにしますね。
また何かご質問などあればお気軽にドゾ。
・・あたしでわかる範囲のことであれば(^^;

今日もりゅうくんかわいいです^^

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://rmab-4corgis.jugem.jp/trackback/55
TRACKBACK